わんちゃんの黒目が白くなる原因とは

あなたのワンちゃんは、目の病気にかかっていないでしょうか?もし、愛犬の目の一部が白く濁って見えるようなら、さまざまな目の病気の可能性が考えられます。目やにがたまって白く見えるだけならいいのですが、白内障やぶどう膜炎にかかっていたりしてら大変ですよね。

どのような病気が考えられるの?

もし、愛犬の黒目が白くなっているように見えたら、要注意です。ワンちゃんにも、人間と同じように白内障と呼ばれる病気があります。また、水晶体が白く濁って見える病気には、核硬化症と呼ばれるものもあります。
大体、ワンちゃんの黒目が白く濁ってしまう原因には、二つのタイプがあります。一つは、外部の角膜が白く濁るもので、もう一つは水晶体が白く濁ってしまうというものです。
特に、犬の角膜は外からの刺激によって炎症を起こしたり、傷がついたりして白く濁ることがあります。また、目の内側に位置する水晶体も、ぶどう膜炎などを発症して痛みが出てしまうこともあるのでよく注意しましょう。

応急処置の仕方や予防法は?

実は、病気ではなくて、目やにのせいでワンちゃんの目が白く濁ったように見えることもあります。その場合は、柔らかなコットンなどで優しく目やにを拭き取ってあげましょう。もし角膜炎やぶどう膜炎であれば、なるべくワンちゃんが目をこすらないようにエリザベスカラーのようなグッズを首に巻いてあげるのがおすすめです。
もし、白内障の疑いがある場合は、すぐに獣医に目の状態を診察してもらう必要があります。実際のところ、白内障は手術をしなければ改善させることはできません。しかしサプリメントなどを使ってこれ以上酷くならないようにすることは可能です。
とにかく、ワンちゃんの目が白く濁っているようなら、どの辺りが白くなっているのかをよく観察してみることが大切です。

きちんとワンちゃんの目をケアしておこう

日頃から、愛犬の目のケアをしておくのは大切なことです。それは、確実にワンちゃんの目の病気を防ぐことにもつながります。大切な家族の一員ですので、飼い主さんがきちんと目やになどを拭いてあげる習慣をつけましょう。
もしワンちゃんが目に痛みを感じているようなら、すぐに獣医の元へ連れていくようにしましょう。

犬は炭水化物を多くはいらない!

私たち人間にとって炭水化物は欠かせない栄養素です。大豆などの豆類やトウモロコシ、白米など、様々な食材に含まれています。ドッグフードも同様に炭水化物が豊富なケースも多く、特に値段の安い製品はトウモロコシや大豆などが使われています。

炭水化物にご用心

しかし、犬にとっては炭水化物が悪影響を及ぼす可能性があります。一見すると栄養豊富なドッグフードに思えても、炭水化物の過剰摂取によって健康を害する危険があるのです。安い値段のドッグフードには、トウモロコシなどが多く含まれていますが、過度に炭水化物を摂取することのリスクが高く、注意が必要になります。

消化不良を引き起こしてしまう

犬も老齢になると消化吸収能力が衰えてしまいますが、炭水化物が消化不良を起こすおそれがあるのです。便秘になってしまうことも珍しくありません。もし愛犬が便秘になっている場合、炭水化物が影響している可能性もあります。

カロリー増から肥満を引き起こす

また、炭水化物は非常にカロリーが高く、愛犬が肥満になってしまうリスクも潜んでいます。特に高血糖の状態が続きますし、体重増加で体の動きが鈍くなり、運動量も減ってしまうおそれがあります。

病気になるおそれも

高血糖の状態が続いてしまうと、様々な病気を引き起こすリスクも高まります。特に臓器や循環器系の病気になることが多くなるため、健康に大きな影響を及ぼす可能性も無いとは言えません。知らない内に愛犬が病気にかかっている場合も考えられます。

穀類の多いドッグフードは注意

ドッグフードに含まれる炭水化物は製品次第ですが、あまり多く含まれるものは与えないのが良いと言えます。穀類を使っている製品は注意しておきましょう。
肉類が多く疲れているドッグフードや、グレインフリーの製品を与えることが望ましいと思います。なるべく原材料を確認し、穀類の割合が多いと感じたら避けることも大切です。特に老齢期の愛犬に与える場合は気をつけましょう。

お店で売られている野菜ジュースは犬に与えてはいけない

自分が飲んでいる市販の野菜ジュースを愛犬に飲ませる飼い主さんもいます。人間にとって体にいいのだから、ワンちゃんの健康にもいいと誤解している場合も少なくありません。実際は、塩分が多く含まれていたりして、ワンちゃんが病気になる原因となることもあります。よく注意が必要でしょう。

まずナトリウムの量を確認しておこう

市販の野菜ジュースは、人間用に作られているものですので、なるべく愛犬には飲ませない方がいいでしょう。実は、美味しくするために多くの塩分が含まれていたりするからです。
含まれる塩の量を自分で確認する場合には、まず野菜ジュースの缶に表記されているナトリウムの含有量を調べるのがおすすめです。塩の主成分は、ナトリウムだからです。
計算してみると、ワンちゃんの体重が5キロであれば、必要とされるナトリウムの量は250?となります。これは、0.635gであり、指で塩を2回つまんだぐらいの量であると認識できます。
もしドッグフードにもナトリウムが含まれていると、野菜ジュースを口にすることによって、塩分の摂りすぎになってしまう可能性があります。

犬には食べさせない方がいい野菜もある

実は、野菜の中にはワンちゃんの体に良くないものも存在します。たとえば、玉ねぎやネギ、トマト、ニンニク、ナスなどがそれに当たります。どれもほんの少しの量であればあまり問題ありませんが、野菜ジュースの中に含まれていないかどうかを飲ませる前にチェックすべきでしょう。
また、濃縮還元タイプのジュースも、どこで収穫された野菜を使っているかはっきりしないので、ワンちゃんには飲ませない方が無難です。こうしたタイプのジュースには、農薬がたっぷりと使われている危険性もあるからです。
ワンちゃんには、野菜を摂取することが必ずしも必要なわけではありません。ですから、農薬などの不安要素が多い野菜類は、いっそのこと食べさせないのがおすすめです。

愛犬に野菜ジュースは飲ませないようにしよう

毎朝、朝食と一緒に市販の野菜ジュースを飲むのが大好き、という人もなかにはいるかもしれませんね。ワンちゃんがそばにいると、飼い主さんの飲んでいる野菜ジュースを飲みたがることもあるかもしれません。
でも、やっぱりワンちゃんが体を壊す危険がありますので、あまり飲ませないようにする方がいいですね。

愛犬を旅行に連れて行く際のマナー

愛犬との旅行は、とても楽しくて思い出深いものになるでしょう。ですから、楽しんでワンちゃんとの旅行の計画を立てるのは素晴らしいことですが、まず行くことを決めた観光地がペット可の場所であるかどうかを確かめておく必要があります。ここでは、愛するワンちゃんを旅行に連れていく際のマナーについてお伝えしましょう。

まずペット可の場所かどうかを確認しておこう

愛犬と旅行に行く計画を立てるのは、本当に楽しいものですよね。しかし旅行先がペット可の場所かどうかは事前に確認しておくのをおすすめします。特に、お寺や神社では、動物を穢れとする考え方があり、動物は立ち入り禁止とされていることもよくあります。
最近では、ペット可の神社も増えていますが、やはり参拝する前に動物でも中に入れてもらえるのかどうかをきちんと確認しておく必要があるでしょう。
また、人気の観光地は季節などによって、人込みが激しくなることもあります。大事なワンちゃんが他の人に踏まれたり、蹴られたりする可能性もありますので、あまり人込みの酷い場所には愛犬を連れていかない方がいいですね。
騒がしくて人が多い場所に行くと、ワンちゃんも興奮してしまいがちなので、他の人たちに攻撃をしてしまう可能性も出てきますので要注意です。

トイレの後始末はきちんとしよう

旅行をする場合、ワンちゃんのトイレについても、よく考えておく必要があります。旅行先では、犬のフン専用となっているゴミ箱でなければ、愛犬のフンを捨ててはいけないことになっています。
観光地などで犬のフンを放置する人が多くいると、ペット禁止の決まりができてしまう原因になることもあるでしょう。
ですから、なるべくワンちゃんのトイレは車の中や泊まっている宿などで済ませるのがおすすめです。どうしても、観光地の中でおしっこをさせる必要があるなら、トイレシートの上に出すように促しましょう。

くれぐれも他人に迷惑をかけないようにしよう

愛犬にストレスがかからないように、よく考えて旅行の計画を立てるのがおすすめです。他人に迷惑をかけるような行為を避けることも、旅先では必要なマナーとなります。
ワンちゃんのフンやおしっこも、きちんと飼い主さんが責任を持って始末しなければなりません。