Category Archives: 犬の眼疾患

わんちゃんの黒目が白くなる原因とは

あなたのワンちゃんは、目の病気にかかっていないでしょうか?もし、愛犬の目の一部が白く濁って見えるようなら、さまざまな目の病気の可能性が考えられます。目やにがたまって白く見えるだけならいいのですが、白内障やぶどう膜炎にかかっていたりしてら大変ですよね。

どのような病気が考えられるの?

もし、愛犬の黒目が白くなっているように見えたら、要注意です。ワンちゃんにも、人間と同じように白内障と呼ばれる病気があります。また、水晶体が白く濁って見える病気には、核硬化症と呼ばれるものもあります。
大体、ワンちゃんの黒目が白く濁ってしまう原因には、二つのタイプがあります。一つは、外部の角膜が白く濁るもので、もう一つは水晶体が白く濁ってしまうというものです。
特に、犬の角膜は外からの刺激によって炎症を起こしたり、傷がついたりして白く濁ることがあります。また、目の内側に位置する水晶体も、ぶどう膜炎などを発症して痛みが出てしまうこともあるのでよく注意しましょう。

応急処置の仕方や予防法は?

実は、病気ではなくて、目やにのせいでワンちゃんの目が白く濁ったように見えることもあります。その場合は、柔らかなコットンなどで優しく目やにを拭き取ってあげましょう。もし角膜炎やぶどう膜炎であれば、なるべくワンちゃんが目をこすらないようにエリザベスカラーのようなグッズを首に巻いてあげるのがおすすめです。
もし、白内障の疑いがある場合は、すぐに獣医に目の状態を診察してもらう必要があります。実際のところ、白内障は手術をしなければ改善させることはできません。しかしサプリメントなどを使ってこれ以上酷くならないようにすることは可能です。
とにかく、ワンちゃんの目が白く濁っているようなら、どの辺りが白くなっているのかをよく観察してみることが大切です。

きちんとワンちゃんの目をケアしておこう

日頃から、愛犬の目のケアをしておくのは大切なことです。それは、確実にワンちゃんの目の病気を防ぐことにもつながります。大切な家族の一員ですので、飼い主さんがきちんと目やになどを拭いてあげる習慣をつけましょう。
もしワンちゃんが目に痛みを感じているようなら、すぐに獣医の元へ連れていくようにしましょう。